お昼前にゆるゆる出発。パワースポットを巡る冒険

走行距離20km 走行時間50分 所要時間4時間

このルートでは、日原鍾乳洞と倉沢千年ヒノキという、ふたつのパワースポットを巡ります。日々の暮らしで消耗したエネルギーを、たっぷり充電しちゃいましょう。

渓流の音に抱かれて絶品マルゲリータを

メイフライのあるTOKYOトラウトカントリーはルアーと毛鉤の管理釣り場。大沢ボルダーと言うボルダリングエリアでもあります。

旅はまず、ランチから始まります。朝はのんびりと11時過ぎに出発しましょう。日原街道に入り、TOKYOトラウトカントリー内の食彩キッチンメイフライでいきなりランチ。渓流を眺めながらマルゲリータとコーヒーを楽しみます。ピッツァの他、パスタやスペアリブもおいしいと評判です。

日原鍾乳洞へ

メイフライを出発したら日原街道をずんずん登っていきます。渓谷沿いの風景が鮮やかで、道を走っているだけでも楽しめるはず。連休中などは鍾乳洞に向かう車で数時間の渋滞が起きますが、E2ringなら渋滞も回避可能。鍾乳洞入口まで気持ちよく到達できます。

さて、長いトンネルと日原集落を過ぎてしばらく進むと日原鍾乳洞が見えてきます。鍾乳洞前の駐車場にバイクを止めたら、向かいにある一石山(いっせきさん)神社を訪ねましょう。一見こじんまりとした神社ですが、ここが日原鍾乳洞の拝殿であり、つまり鍾乳洞はこの神社のご神体ということ。なかなかにパワーを感じます。周囲には石灰岩の奇岩が立ち並び、特に梵天岩、つばめ岩、籠岩のスケール感には圧倒されます。

参拝を終えたら、いよいよ第一のパワースポット日原鍾乳洞に突入です。洞内は季節を問わず11℃ほどに保たれていて、夏は涼しく冬は暖かい…まあ外よりは暖かい!広大な地下空間を要する旧道と細く入り組んだ新道があるので、神秘の世界と冒険感、どちらも味わうことができます。所要時間は40分ほどです。

倉沢の千年ヒノキはひっそり佇む

倉沢の千年ヒノキ。都内最大のヒノキで樹高は34メートル。

地下洞窟の世界を満喫したならば、お次は倉沢のヒノキへ向かいます。倉沢は日原鍾乳洞へ向かってきた道の途中にあります。来た道を戻って行き、長いトンネルを抜けて約300メートル。左手(山側)に階段と看板が現れます。「またのお越しをお待ちしております」との文言が目立ちますが、よ~く見るとその横に「倉沢のヒノキ 登り口」の文字が見つけられるはずです。看板付近の安全な場所にバイクを停めたら階段から山に入り、15分程登ると千年ヒノキに到着です。幹周6.1メートル、樹齢千年と言われるスゴイ樹です。たっぷり拝んだ後は、足元に気を付けて下山してください。

下り坂はブレーキを繊細に!

あとはお店に戻るだけです。下り坂ではスピードが出てしまうので気を付けましょう。対向車にも気を付けて帰って下さい。戻ってきてもバッテリーには多少の余裕があるはずですから、しばらく付近を走り回るのも悪くないかも知れません。体重等にもよりますが、白丸ダムくらいなら行ってこれるでしょう。

ちなみに、日原鍾乳洞では充電ができます。受付の際に依頼し、充電しておけば、戻ってきた後で小河内ダム(奥多摩湖)まで行くこともできます(体重等によります)。

お疲れさまでした!以上で今回の冒険はお終いです。

バイク返却後は、奥多摩温泉もえぎの湯でお風呂に入り、VERTEREで奥多摩産のクラフトビールを飲むのがおススメです!

DISCOVER➽OKUTAMA
奥多摩を巡るための電動バイクレンタルショップE2ring

おすすめの記事