奥多摩湖エリア

奥多摩湖は、1957年に小河内ダムによって多摩川を堰き止めて作られた人造湖で、正式名称を小河内貯水池と言います。季節ごとに違った表情を見せる奥多摩湖の周辺のエリアを紹介します。

小河内ダム(奥多摩湖)

E2ringから約6km 15分 およその滞在時間30分

東京都の西の水瓶奥多摩湖。湖畔の桜並木が有名で、秋になると紅葉もキレイ。大迫力のダムの放水が見れたらかなりラッキー!堤体にはダムを見下ろす展望塔があり、高くて怖い。

水と緑のふれあい館

E2ringから約6km 15分 およその滞在時間30分

開館時間9:30-17:00 水曜日休館 入館無料

奥多摩湖畔に立つふれあい館では、ダムのこととか自然のこととか、奥多摩の歴史とかを知ることができちゃいます。水の旅を表現したピタゴラ装置が楽しい。郷土資料館もあるので、土器や古道具なども見ることができます。レストランのダムカレーはやりすぎちゃった感じでゴキゲン。食べ物で遊んじゃダメ!

山のふるさと村

E2ringから約17km 40分 およその滞在時間3時間

奥多摩周遊道路の入り口にある複合施設です。キャンプ場が有名ですが、日帰りだと、ご飯を食べたり、陶芸や木工の体験ができたりします。陶芸・木工・石細工のクラフト体験は、嘘みたいな低料金でできるのでみんなでやってみよう。

むかし道

E2ringから約2km 5分 およその通過時間20分

現在の青梅街道ができる前の旧道。当店のすぐ近くが入口で奥多摩湖の手前まで続いてます。当店のバイクでは、途中の2/3ほどの舗装された区間を走行可能!ノスタルジックな気分を味わいながら渓谷美を楽しめちゃいます。中程には茶屋榊もあり、一休みにうってつけ。
※バイクで入れるのは主に桧村橋の手前からとなります。

しだくら橋・堂所橋

E2ringから約3km 15分 およその時間滞在時間5分

渓谷を渡る細-い吊り橋。眼下には奇岩の並ぶ風情ある渓谷美が広がります。渡ってるとブラブラ揺れて、高さもあるのでだいぶ怖いです。渡った先は登山道なので、渡り終えたら戻ってくるという肝試し的な感じ。バイクでは渡れませんのであしからず。

白髭神社

E2ringから約2km 10分 およその時間滞在時間5分

むかし道の途中にある神社で、特徴は巨岩がご神体であること!都天然記念物であるオーバーハングした岩は一見の価値があります。絶対に登ってはいけません!

麦山浮橋

E2ringから約11km 25分 およその時間滞在時間10分

奥多摩湖面に浮かべられた橋、通称ドラム缶橋はかつて生活に使っていたそうです。昔の暮らしに思いを馳せながら湖を渡ってみよう!もちろんバイクでは渡れません!湖面スレスレから見る景色は抜群に美しいです!紅葉の時期は特におススメ。

留浦浮橋

E2ringから約14km 30分 およその時間滞在時間10分

もう一つのドラム缶橋。注意書きにある定員を守らないと足が水に浸かったりして大変危険なので絶対にやったらダメだからね!

手彫りのトンネル

E2ringから約3km 15分 およその時間滞在時間-分

奥多摩方面への道中にはたくさんトンネルがあります。そのいくつかは昔ながらの手彫りのトンネル!80年以上前に人の手で掘られたトンネルの壁って、ある意味文化財だと思いませんか?雨の後は天井から水も滴っていい風情。世界よ、これが東京都の国道だ!

旧小河内線遺構

E2ringから約-km -分 およその時間滞在時間-分

小河内ダム建設当時、奥多摩駅~ダムサイトの間を物資運搬のための貨物列車が走っていました。列車の運行がなくなった現在でも、線路や橋梁などの遺構を見ることができます。来たれ遺構マニア!

R411青梅街道

E2ringから約-km -分 およその時間滞在時間-分

R411青梅街道は奥多摩町を東西に貫く道路です。当店から東へ向かえば青梅方面、西へ向かえば奥多摩湖、山梨方面。橋梁から見下ろす渓谷美、手彫りのトンネル、廃線となった旧小河内線の遺構など、地味に興奮する見どころがたくさんあります。車だと見逃しがちなのでバイクで細かく見てほしい!